実は私、趣味が音楽なのですが、知らないうちにレコードやCDが増えてしまいます。
レコードは、おもにYahoo!オークションや海外のオークションサイト"eBay"で手に入れます。
CDは上記の他、DISC UNIONやアマゾン、HMVなどが多いです。

最近感じるのは、アナログ・レコードの価格が高騰しているということです。
そうは言っても何でも高いわけではなく、いわゆる名盤といわれるレコードの
ファースト・プレスにそれは顕著です。
数年前の2〜3倍くらいになっているのではないでしょうか。しかも、その勢いは
まだまだ止まりません。
最終的にマニアが行き着くところは、オリジナル・ファースト・プレスということ
なのでしょう。

それに比べて、CDはとんでもないことになっています。
特に、最近になって現れ始めたBOX入りのシリーズの価格は異常なほどです。
例えば、ヴァン・ヘイレン。6枚組で1,955円(アマゾン)。
まもなく発売されるイーグルス。6枚組で2,381円(アマゾン)。
ROCKだけでなくJAZZもいろいろあって、例えばマイルス・デイヴィスの
Perfect Miles Davis Collectionは、20枚組で4,793円(アマゾン)。
どれも信じられないような価格ですが、大丈夫なのでしょうか?
きっとこの価格には、いろんなカラクリやレコード会社の思惑があるのでしょうが、
なんだかこの先が心配になってきます。
最近の円安傾向からすると、欲しい人は早めに買っておいた方がいいかもしれませんね。
Z
ヴァン・ヘイレン  イーグルス  マイルス・デイヴィス


PR

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM